ネイル研究所。2007

INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007 PR BLOG ネイル研究所。初心者からマニアまで! INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007 2007/11/26-27 TOKYO BIG SIGHT (WEST 3&4)

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
東京ビューティコングレス2007。 
東京ビューティコングレス2007
MAKE-UP & NAIL CONTEST 木下ユミ杯
が10月23日にビッグサイトで開催されました。

この東京ビューティコングレスは【ネイル・メイク・ヘア】、3ジャンルのコンテスト&イベントが融合したとてもビッグな美のイベントで今回で第6回目となります。ヘア部門とメイク・ネイル部門が会場内で一緒になっていた昨年とは変わり、今年はしっかりとゾーンが分かれていたために、比較的いつものネイルイベントの空気に近かったように思います。当然ではありますが、当研究所ではメイク・ネイル部門にスポットを当てて取材してまいりました!


内容はコンペ・展示・クラスルームのネイルイベント基本3原則(スイマセン、勝手に名付けました)で構成。
コンペティションは 6th MAKE-UP & NAIL CONTEST 木下ユミ杯と銘打たれて種目は8つ。お馴染みのプロ部門・ジュニア部門のケアとスカルプやアートチップコンテストはもちろんのこと、コングレスのオリジナル種目として注目なのがネイルアートフォトコン。昨年に引き続き第2回目なのですが、昨年よりグレードがグンとアップ。自分または友達の片手に施したネイルアートを美しく写真に納めて郵送またはe-mailで応募することができたのです!しかも参加資格はなんと中学生から!!極端なハナシ、携帯で撮った写真をメールで送るだけでよかったのです。なんて簡単にコンペに参加できちゃうんでしょう♪もし知っていたら挑戦してみたかったな〜という方(ネイル好きブロガーさん)もたくさんいるのではないでしょうか。ぜひ来年ご参加くださいねっ!
そしてコングレスといえばネイティフルのレベルが相当高いことでも知られます。(※ネイティフルとは・・・ネイルに創造的なデザインを表現し、メイク・コスチュームのトータル審査の競技。モデルさんを含めた2〜3人で一組となるチーム戦)今回のテーマが「カンヌ映画祭レッドカーペットのセレブリティー」。なかなか具体的なテーマ設定でつい自分なりのイメージを頭に描いてしまいますね〜♪
そしてもうひとつ、モードメークアップという種目。テーマは「スーパーブランド2008年秋冬コレクションのイメージビジュアルメークアップ」です!メイク好きとしてはこちらもかなり気になります。今季トレンドをかなり意識したメイクでみなさん攻めてくるのではないでしょうか!

今大会の大会実行委員長、木下美穂里先生に控え室でほんの少しお話を聞けるチャンスがあったのでプチ・インタビューを敢行!東京ビューティコングレスへの想いを伺いました。
「参加してくださっているのは9割が学生さんなんです。学生さんにとって勉強は大変なことですから、このビューティコングレスがその成果を発表するための楽しい目標となってくれればいいなと思って毎年開催しているんです。エントリー料金もなるべく抑えたいと思って努力しているんですよ。
徒競走だけじゃなくてパン食い競争もあるよ★という感じの楽しい運動会というイメージかな(笑)。
参加してみたい!参加したら楽しかった!と思ってもらえるような遊び心のあるコンテストを目指していますね」
と、すっごく嬉しそうなお顔をしながら話してくださった美穂里先生です。これはまさしく、学生さんへの愛情。楽しんで、上手くなって欲しい。そんな先生からの愛が出場した学生のみなさんに伝わったでしょうか。うん、きっと伝わったはず!

■美穂里先生のケイタイ。大きなお花のデコパーツがインパクト大。もうじきユミ・クリエイションから発売になるものだそうですヨ。
もうひとつついている猫のストラップは飼い猫“ジャーキー”にそっくりなんですって!
この日のネイルはシンプルなゴールド系でした。
■美穂里先生がつけていらっしゃったカメリアのヘアクリップ。かなり可愛かったです!!

● 〇 ● 〇 ● 〇 ● 〇 ● 〇 ● 〇 ● 〇 ●

そしてそして、表彰式です! 
最初、審査員の先生たちが壇上で1人ずつ紹介されるときはなんとK-1調のライティングとBGMという演出(笑)!ちょっと恥ずかしそうに壇上で挨拶される審査員の先生方の表情がとても印象的でした(笑)。
それ以降も美穂里先生こだわりのセレクションのBGMに乗せた魅せる演出の数々。泣かせ系あり、ノリノリ系あり。

あ、ちなみに今年の競技開始1曲目は“ヘタこいた〜”の、アノ曲でした(笑)。ちなみに昨年はOZMAのアゲアゲ・・・。これも美穂里先生セレクト!緊張の糸をほぐしてあげたい親心です。


左がネイティフル、右がモードメークアップの上位3チーム。それぞれテーマに沿った作品になってますよね。モデルさん全員が壇上に上がったときは、ちょっと本当にファッションショーに来たような錯覚に陥りました。みんなステキでカッコよかった。
学生さんらしく(若い子らしくともいいましょうか)、入賞の喜びを表現するのもすごくストレートで可愛らしいんです。ほんとに飛び跳ねて喜んじゃう感じなの(笑)。見ているこっちまで嬉しくなります。
ラストは受賞者全員で記念撮影。この日1日を通して感じたのは昨年と同じこと・・・「若くて、やりたいことがしっかりあるって、いいなぁ〜」と思った私です(笑)。

たくさんの先輩方が見守っている中で、学生さんたちが全力で戦った、楽しくて、清々しいビューティコングレス運動会でした!

ヒロミゴーのおかげか!?
ブログランキングがおかげさまで上昇中(感涙)

王冠2王冠2
でもそんなの関係ねぇ!
(いや、嘘です。皆さまの清きクリックがランキングに多いに関係アリです)


コングレスのときの写真は
こちらにもアップしておきまーす。

ネイル研*ぷち


| イベントレポート | 22:09 | comments(2) | trackbacks(1)
イベントの醍醐味はコンペにあり!in京都 
去る9月18日に行われた ネイル・オリン・ピック in 京都 のレポートです、大変お待たせいたしましたー!
この俯瞰写真でご覧いただければお分かりの通りのとってもビッグなイベントだったんです。奥の方がステージ、そして全体に写っている人々はこれ全部コンペ中の選手&モデルのみなさんなんです。(ちなみにお昼頃撮りました)写っていない左の方に展示ブースコーナーがあるのですからどれくらい大規模か想像つきますよね!?アジアやエキスポは日本ネイリスト協会主催のイベント、このオリンピックはネイルズユニークオブジャパン主催。一企業が主催するネイルイベントは多々ありますが、今回のは文句ナシの最大級規模。さすが、全国に100以上の店舗といくつものスクールを持つネイルズユニークオブジャパンです。

会場となったのは岡崎公園内にある京都勧業会館“みやこめっせ”。平安神宮にほど近く、緑に囲まれた風情のある場所で修学旅行生もちらほら。新幹線降りてからも15分ぐらいで着けたのが個人的にありがたかったです♪(大阪のときは遠かったんだ〜)

■京都らしく・・・

 京都で初めて開催されるネイルイベントということを意識されてか、会場内の演出は“京都”テイストがちりばめられた素敵な演出!●ステージサイドには反物のようなクロスがヒラリとなびく・・・●赤い傘に毛氈の敷かれたお休み処まで!浴衣美女が冷たいお茶のサービス。●大阪から引き続き【立ち入り禁止】の看板ショット。看板の縁に描かれてる柄も和風なんです●お昼ごはんも【京弁当】(スタッフ用)●舞妓さんと記念写真のコーナー。もちろん私も撮りました♪

■熱きコンペティション

●競技中はみんな真剣な表情●ペアフレンチはモデル1人にネイリスト2人。ペアルックで臨む人もいました♪今年は昨年に比べて、各地で開催されるコンペが少なかった為、今回のこの京都でのコンペは参加者数がかなり多かったのだそうです!そういう理由もあってコンテストに飢えたネイリストたちがこぞって京都に集結。ハイレベルな戦いを繰り広げ、文字通りのEXPO前哨戦となりましたよ〜。ではここで、★今回のコンペの種目おさらい★
*オリンピック部門 2種目
参加資格:過去のコンテストの当該種目プロ部門で5位までの入賞経験がある。プロ部門の中でも選抜選手だけの部門のようなもの。実力のあるネイリストが顔を揃えます。
*プロフェッショナル部門 2種目
参加資格:初めての出場、または5位までの入賞経験がない。
JNA主催の世界選手権、全日本選手権と並んで超ハイレベルなカテゴリー。この2つの部門から出るグランドチャンピオンを獲得するのは果たして誰なのか?
*フリー部門 3種目
*ミックスメディアアート・・・テーマは【雅(みやび)】。ネイルで京の雅をどう表現するのか?
*フレンチツイスト・・・自由なデザインでフレンチを表現する競技。白だけのアートの奥深さにため息が出ます!
*ペアフレンチスカルプチュア・・・この大会の名物カテゴリー!ペアの顔ぶれも凄い!まさに世界最強タッグ選手権!!
*ジュニア部門 2種目
出場資格:ネイル専門校・理美容学校在校生


●フレンチツイストでの一こま。どんな競技かちょっとわかりますか??●ミックスメディアアートの一こま。エアブラシや3Dアートを駆使して雅の世界を作り上げます

■ネイル関係者の度肝を抜いた!

ここでちょっとした余談を。。。。こちらの会場、ネイルをするには少し照明が暗いのです。こういうとき選手に各自照明を持ち込むようにと説明しておく場合が多いのですが、今回の主催者であるネイルズユニークオブジャパンはなんと全座席分の蛍光灯スタンドを準備!その数なんと670台!しかしいっぺんに670台もレンタルで用意するのは不可能だったため、自ら中国で生産を発注し500台を購入したのだそうです。ふ・太っ腹!!!! 
●670台の蛍光灯スタンドが灯ると圧巻!●蛍光灯の空箱を整理するスタッフの皆さんもかなり大変そう(前日リハーサルでの様子)

■コンペエリア以外のところもチェック

●展示販売ブースは開場直後からすごい人!お買物するのも一苦労でした。やれやれ。●ネイルズユニークのサロンコーナーも開設。イベント特別価格でサロン体験。●クラスルームも大盛況で満員御礼。トッププロの技をこの目で見られます。●ステージはデモあり、ショーありでどれも見逃せないプログラム!京都といったらKIMONO NAILでしょ♪

■表彰式
舞妓さん、芸子さんのをどりで幕を開けた表彰式。ステージにも、ステージの外にも、表彰を見届けようとするネイリストさんで溢れ返っているのにビックリ。
毎回感じますが、華やかながら独特の緊張感が漂うのがネイルコンペの表彰式なんです。全く存じ上げない方だったとしても、表彰台で見せる涙や笑顔を見ていると私もついついもらい泣きしたりつられて笑顔になったりしてしまいます。きっと日々の練習やプレッシャーとの戦いなど全てに打ち勝って結果を出すことができたのだなぁなんて考えるともうダメ!(笑)。
そしてそして、今回の強豪揃いとの前評判高きネイルオリンピックin京都でグランドチャンピオンを獲得したのは、西沢希充子さん。オリンピック部門の2種目で2位獲得、さらに長谷真弓さんとのペアフレンチではなんと1位!(すっごく嬉しそうでした)、文句のつけどころのないグラチャン獲得で最高の笑顔を見せていただきました。パパチパチパチ!!!!
※コンペの結果について詳細は→ネイルズユニークオブジャパンHP
今回のコンペに出場された皆様、お疲れ様でした!あとわずかに迫ったEXPOに向けてさらに頑張ってくださいね!!!
相変わらずイベント会場と新幹線の駅の往復のみで観光やらグルメやらは一切お預けではありましたが、自分が京都にいることを存分に感じられた趣のあるイベントでした。何を置いても今回のコンペの盛り上がりが本当にすごく、さまざまなドラマも垣間見たような気がしましたね〜。自分の技術向上のためにこれだけの情熱を注ぎ続けるネイリストの皆さんを心から尊敬します。競技終了の瞬間の達成感に満ちた顔もいっぱい見せてもらいました。11月26日から始まるEXPOが今からたのしみ。イベントの醍醐味はコンペにあり!今やどっぷりネイルファンになってしまった私です(笑)。

長々とレポート読んでいただきどうもありがとうございました!
コンペって見ているだけでもエキサイティングなのね〜と感じていただけましたら
ぜひクリックをお願いいたします!!!!
  ↓ ↓ ↓
王冠2王冠2

ここのレポートに載せきれなかった写真がいっぱいあるので、
【ぷち】でばばーんと見られるようにいたしますのでどうぞお立ち寄りを♪

ネイル研*ぷち
コメントも熱烈歓迎です!


| イベントレポート | 15:20 | comments(6) | trackbacks(0)
アメリカンネイルカップ@蒲田。 

いちいち記事にするのが遅くて申し訳ないのですが・・・(笑) 5月26日に行われた
第8回アメリカンネイルカップ2007in東京を見てきました嬉しい
開催場所は、東京は大田区の蒲田にある大田産業プラザPIOという大きな会場。
新しい才能の発掘と実践的サロンワークテクニックの向上がコンセプトであるこの大会。今年は例年よりも大きなネイルコンペティションが少ないこともあってか、アメリカンネイルカップはコンペ参加人数が過去最多を記録。2007年に行われる大きなコンペの一つですから、参加される皆さんの気合の入りぶりはかなりのものだったに違いありません。
スピードケア、スピードイクステンション、デザスカ、ネイルアート、ジェルチップオーバーレイ、ジェルフレンチツイスト、トータルルック等・・・・競技種目も多岐にわたります。
その上、6つのクラスルーム(メーカー等が提供する技術講座)も行われていましたから、朝9:00の会場から19:00の表彰式まで丸一日中大賑わいだったのです。

もちろんお楽しみの販売ブースもありましたよ!併せて16社もが出展していて、まるでネイルの縁日状態!お買物はもちろん、各ブースでは最新技術のデモンストレーションも行われていました。
私はこの中のいくつかのブースで、友人に頼まれた「初心者用ネイルケアグッズ」を買い揃えました。びっくりするほど安く揃っちゃってホクホクですプレゼント
自分用にもファイル(爪やすり)と雑誌を買いましたよんラブ



このアメリカンネイルカップの最大の見所は実はラストにあったのだぴかぴかなんと、ゲスト審査員としてお越しになっていた歌手の麻倉未稀さん(そう、あの「♪ヒーロォォ〜」の、麻倉未稀さんです)のステージが行なわれたのです!!ネイルイベントで歌手の熱唱が見られるなんてスゴイ!一瞬「あれ?ここはどこだっけ?」という錯覚に陥ったのは私だけではないはず(笑)。
そして迫力の「HERO」熱唱の後に表彰式が行われたというわけです・・・楽しい

ビッグサイト等、大きな会場で行われるイベントを見慣れてしまっていた私にとって、今回のアメリカンカップからは手作りの雰囲気を感じ取りました。今やどんどん規模が大きくなっていってるネイル関係のイベントですが、もともとはこんな感じから始まったのかなぁ・・・それもきっとここ数年のことなのでしょうね。アメリカンカップはまさにネイルイベントの原風景!そしてネイル業界の成長スピードの速さにも想いを馳せつつ蒲田を後にしたのでした。

1日1回!このバナーをクリックしていただくとランキングに反映しますかわいい
王冠2王冠2

ネイル研*ぷち
ちょこっとあそびにおいでませラブ

| イベントレポート | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0)
KIMONOとNAIL。 
まだこのブログが始まる前のこと。私の書いている本家ブログ 『こすめ日記。』にて参加者募集を呼びかけた
ネイルとキモノとひな祭りというイベントが3月2日に品川で行われました。約3ヶ月間温めちゃいましたけど、本日やっとレポートいたします。
キモノを着る機会って普通はあまりないのですが、このところオシャレにキモノを楽しむ女性がとても増えているそうです。実際、ネットサーフィンをすれば安くてイマドキなテイストの着物を扱っているお店があるわあるわ、まぁびっくり。そんなキモノを普通に楽しみたいというオシャレ感度の高い女性が、キモノに合わせてネイルまでコーディネートしたくなるのもうなずける話。

そして、アシェット婦人画報社の美しいキモノという雑誌と、仲宗根幸子先生率いるNSJネイルアカデミーがコラボレート!キモノとネイルの美しき融合を堪能する一夜の宴が催されたというわけなのです。

キモノが大好きという仲宗根先生、美しいキモノ編集部の富川さん、さらにネイルクイーン2連覇中のベッキーさんが登場してのトークショー&ファッションショー。まさしく美しいキモノとネイルたっぷりのステージでしたが、なんといってもベッキーさんの個性的なキモノの着こなしに会場はどよめきました。
普通でいけば「着物」の世界にありえないはずの、蛍光色・毛糸・レース・ツイード・ラインストーン・・・。まさに"なんでもアリ!"。「Happyでいられるかどうかを一番考えます」というベッキー流!
季節、柄、素材、着つけ方法など、着物を着るのってすごく大変・・・という思い込みに囚われて着物を敬遠してきた私たち。でもそんなの関係なくって楽しく着ればいいのね♪と見ている人々にハッピーなパワーを振りまいてくれたベッキーさん。
世界にひとつの、彼女にしか着こなせないキモノがとっても似合っていて可愛かったですラブ

ところで、キモノに合うネイルとはどんなネイルなのか? 
和テイストの色合わせを取り入れたネイルアートでキモノとネイルの調和を取っていくのがいいのだという話。そしてネイルケアは絶対。美しい手でないとネイルもキレイに見えませんものね。ネイルもキモノも自分を表現する場だからぜひ楽しんで欲しいということでした。

もちろんこの日のイベントに参加した女性の多くは着物着用。ネイリストさんの着物の着こなしとキモノに合わせたネイルはとってもステキでした。

雑誌のパーティスナップページ風に写真にちょい解説をつけてみようっと。写真左上段から・・・●本日の主催者、仲宗根幸子先生 ●伊藤朋子先生(この日は黒髪ボブのウィッグで変身)●羽田由紀先生(珊瑚のリングとネイルが合っていてステキ) ●黒崎えり子先生(シンプルにフレンチ。黒地に花柄のキモノが艶やか)●ベッキーさん(蛍光グリーンとピンクのネイル)●司会の平山みゆきさん(桜柄のキモノに、和風なお花のペイントアートネイル)●廣田直子先生(ゴールドラメスカルプが華やかで美しかった!)


ショーが始まる前には、ロビーで「アート&カラーリングの体験ブース」が設けられていました。いつもの体験ブースとはひと味違って、キモノに合わせたアートやカラーにトライできるとあって大行列ができてました。あまりの人気ぶりに断念しちゃったんだけど、私もやってもらいたかった〜汗


第2部はパーティぴかぴか
女性も男性もキモノの方でいっぱい!こんな光景は成人式以来だわ。
みなさんの美しいキモノと美味しいお料理を満喫し、ひとり大満足な私。あ、ちなみに私もキモノを着て行きましたよん。


最後に、参加者全員で記念撮影るんるん
キモノもネイルも、普段の生活からは縁遠いという方が大半だと思うんです。
ネイルはこのブログのおかげで日常になりつつある私ですけれど、キモノにはほとんど縁がありません。でもこれから先、思いっきりおめかしする日があったら、あまり気負わずに箪笥に眠っているキモノを出してさらりと着てみたいですよね。そのキモノに合ったネイルも考え、ヘア・メイクもコーディネートしてみて・・・・
考えただけでワクワクしてくる〜ラブ
キモノもネイルもあまり敷居の高いものと考えず、楽しく自分のペースで付き合っていけたら一番じゃないかなと思います。

手始めに、この夏はぜひ浴衣を着なくっちゃねラブ

クリックで応援宜しくお願いします!
王冠2王冠2

ネイル研*ぷち
目標!毎日更新!!!




| イベントレポート | 08:39 | comments(2) | trackbacks(0)
アメリカンネイルカップ(告知)。 

今度の土曜日、5月26日にアメリカンネイルカップが行われます。
ネイルコンペティションの様子を間近で見る機会です!
コンペに参加するネイリストの皆さんもぜひ頑張ってくださいね王冠2
詳しくは主催者である株式会社ビホーさんのHPをご覧ください。
down  down  down
アメリカンネイルカップ2007
場所:大田区産業プラザPIO アクセスマップ
最寄駅:京急蒲田駅、JR蒲田駅
入場料:無料
クリックで応援宜しくお願いします!
王冠2王冠2

ネイル研*ぷち
目標!毎日更新!!!

| イベントレポート | 15:32 | comments(2) | trackbacks(0)
噂の広告。 

これは前回の記事でお伝えしたbeauty world JAPANの会場で配られていたガイドブック。
表紙を開いたところに折りたたんであるフロアレイアウトの裏面に私目が釘付けびっくり



う、美しくはありませぬか!!??!!??

メンディ(ヘナ・タトゥー)をにまず目がいき、そして大振りなジュエリーをたっぷりあしらったセクシーなデザインスカルプチュアネイルにうっとり。
この写真は株式会社ネイルラボさんの2007年版カタログの表紙に使われている写真。
実はこの美しい作品を見た人から問い合わせがスゴイらしく、ちょっとした話題になっているということを聞いたので、beauty world JAPANレポートのオマケとしてここでちょっとご紹介してしまいました。

ネイルラボさんに私も問い合わせてみたところ(笑)、この作品を担当したネイリストは野尻早苗さん。コンセプトは「儀礼」・・・・難しいですねあせあせ
メンディは、ヒンドゥー圏の女性が儀式の際に自らに施す祈りの意味を込めたお化粧なのだとか。「一瞬一瞬が古い自分と新しい自分の通過点・・・そんな一瞬の美をデザインとして昇華させたもの」が本作品ということです。

ネイル作品として、斬新なインパクトを放ってます。ううむ。
ほんとにネイルの世界の創造性、奥深さを感じますね〜。

ちなみに私のPCの壁紙は今この写真にしています♪

以上、beauty world JAPANのオマケレポートでしたラブ


Link
ネイリスト野尻早苗さんのHP
ネイルラボ(この作品の写真がFlashで堪能できます〜)

ネイル研*ぷち
目標!毎日更新!!!





| イベントレポート | 18:28 | comments(2) | trackbacks(0)
beauty world JAPAN と 「認定講師ってなに?」 
5月7〜9日にビッグサイトで“日本最大の国際総合美容見本市 beauty world JAPANが開催されていました。
実は昨年のビューティワールドこそが私の体験した初めてのネイルイベントだったんです。(このときはただの“見学”だったので取材記事にはなっていないのですが)
あのときは会場の熱気に圧倒されヘトヘトで帰宅。でも「疲れた〜汗・・・でも楽しそうっラブ」というのが印象で、そのときに芽生えたネイルへの興味やワクワクが今日の私がいまやっていることにつながっていたりします。

ビューティワールドは美容全般に関わる商材・機器・サービス・最新技術の見本市なのでいくつものゾーンに分かれていいるのですが、ネイルゾーンは昨年より規模アップ、人気もアップ!とにかく昨年とは比べ物にならないぐらいの来場者数!人にぶつからずに歩けないし、ブースに近づくのも軽く意を決して突撃しないといけないほど。ネイル人気の盛り上がりぶりを肌で感じました。
EXPOでも行われていたような、トップネイリストの技術を生で見ることができるクラスルームは行列ができる人気。メモを取りながら熱心に見入るお客様で満員。「酸素うすっ!」の状態です。

各ブースの目立つところに設置されたデモブースでは、有名ネイリストがすぐ目の前でデモンストレーションを行っています。「うわー。あの人もこの人もいるじゃないっ!」
昨年のネイル研究所。にもご登場いただいた布目純先生・長谷真弓先生・山中由香里先生もデモをされていました。

もちろんイベント時だけの破格プライスでのお買物もばっちりできちゃいますし、ネイル好きなら間違いなく楽しめちゃう。ビューティワールドはまるで、“コンペティションが行われないEXPO”と言えるぐらいの、ビッグなネイルイベントでした!!



実は、私が行った8日は、2007国際ネイルフォーラム というJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)が主催する催しが1日中行われていた特別な日だったんです。
オープニングセレモニー、ネイリスト検定1級2級テクニック講座、JNA認定講師試験テクニック講座に続いてこの日のラストを飾るショーとなったのが、この春新しく認定講師になった方々たちがによるショーでした。
***********************************************
さて。ここでイベントレポから少し脱線して、
本日の気になるワード 「認定講師とは?」 についてお強しておきましょう。
・JNA認定講師とは、毎年2回(来年からは年1回に)実施される資格試験に合格することにより、与えられる資格。
・受験資格は「1級を取得の後、実務経験を有し1年以上が経過していること。」
・JNA認定講師は、日本ネイリスト協会の講師会のメンバーとして広い志を持ちネイルの普及と発展に努め、JNAが全国各地で開催するセミナーの講師、コンテストの審査員、検定試験の試験官などのオフィシャル活動に、自らの意志により活動し貢献しています。
・JNAの活動の根幹を支えているのがJNA認定講師です。

つまり、「認定講師」とは1級のさらに上の資格で、コンテストの審査員や検定の試験官などを務める指導的立場のネイリストということ。1級を取得したネイリストは皆さん認定講師を目指してまた検定を受けるんですねー。

認定講師グッズ

ディプロマ、認定講師証(with JNAストラップ)、JNAバッジ。
いずれも、「いつかは私も・・・・ぴかぴか」ネイリスト憧れのアイテム!
***********************************************

この3月に試験を受け合格し、第18期認定講師となった方は89名!その中の19名がこの日のショーに出演しました。ショーのテーマは「夏祭り」。季節先取りの浴衣&ネイルのショーを楽しませてもらいました〜。
浴衣に合わせて自分がデザインしたネイルをみにまとい、ウォーキングやポージングもバッチリ決まっているので本物のモデルさんのように見えるんです!そうそう、今期の新認定講師さんには男性もおひとりいらっしゃいました。(メンズネイリストが増えるのも楽しみですね)

こちらはショー前の舞台裏。出演したのは新・認定講師でしたが、彼女たちのヘア・メイク・着付けを美しくセットしたのも先輩認定講師のみなさんなんです!元美容師さんや元ヘアメイクさんで今はネイリストという方もあまり珍しくないので、こういうことができるんですね!ネイリストって本当に多芸多才だわ〜。

左斜め下あでやかに新・認定講師代表19名が勢ぞろい。 

ビューティーワールドのレポート共に、「認定講師」についてちょっとおわかりいただけたでしょうか。個人的には「認定講師」っていう名前がわかりにくいので(笑)、1級よりスゴイっていうことが伝わりやすい名称ならいいのにーと無責任なことを思うんですけどね。あ、ひとりごとですよ。

これからこのブログで取り上げていくネイリストの方々はほとんど皆さん認定講師かそれ以上の資格(それについてはまた別の機会にお勉強しましょうね)をお持ちなんですよ〜。今日みたいなちょっとしたネイル世界のマメ知識もこれから織り込んでいきますねー。皆さんが日ごろから疑問に思っていたことや、知りたいこと、ちょっと覗いてみたいところなんかがあればリクエストしてください。できる限りお応えしたいと思います♪

最初の取材記事でちょっと書くのに緊張しちゃいました汗
楽しく読んでいただけたでしょうか。
早くカンを取り戻さなくちゃ〜!!!
ぴかぴかぴかぴか
ご訪問のしるしにクリックしていただけるととっても嬉しいです! 






| イベントレポート | 20:57 | comments(4) | trackbacks(0)
ネイルイベント情報

ネイル・オリン・ピック in 京都
(9月18日・京都市勧業館・みやこめっせ)

2007年秋期 第22回 JNAネイリスト技能検定試験
(10月13〜14日・各地)

東京ビューティーコングレス
(10月23日・東京ビッグサイト西3H)

インターナショナルネイルエキスポ2007
(11月26〜27日・東京ビッグサイト西3&4H)

クリスタルカップ2008
(2008年1月20日・TFTホール1000)

links
ネイル研・ぷち
NPO法人 日本ネイリスト協会
人気 blog Ranking
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackbacks
おすすめ

ネイル UP (アップ) ! 2007年 10月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 10月号 [雑誌] /


NAIL VENUS (ネイルヴィーナス) 2007年 09月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 08月号 [雑誌] /


ネイル UP (アップ) ! 2007年 07月号 [雑誌] /


NAIL VENUS (ネイルヴィーナス) 2007年 06月号 [雑誌] /


ネイル UP (アップ) ! 2007年 04月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 06月号 [雑誌] /

mobile
qrcode
このブログについて
このブログは11月におこなわれる『INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007』PR BLOGです。
profile

ご意見・ご感想・ご連絡はこちら