ネイル研究所。2007

INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007 PR BLOG ネイル研究所。初心者からマニアまで! INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007 2007/11/26-27 TOKYO BIG SIGHT (WEST 3&4)

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
会社員からネイリストに転身(只今勉強中)。 
みなさんは、
「ネイリストになってみたいなぁ・・・」
と思ったことはありますか?


ネイリストという職業が一般的になってきたここ数年で、希望者はグッと増えたことでしょう。
高校卒業時の進路を考えるとき18歳でネイル専門校に行こうと決断できる人もいれば、社会人になってからネイルの道へ進むことを考え出す人もいる。
ネイリストとしてのスタートする年齢、きっかけは本当に人それぞれだと、いろいろなネイリストさんのお話を聞いていると実感します。
実際、有名トップネイリストの皆さんの多くは何かしらの“前職”があり、それがまた聞くとかなり面白いんです。。

そしてここにも面白い前職をもつネイリストのタマゴが。

飯寄真理子さん(いいより まりこ さん)23歳
イベントの勉強をする専門学校を卒業後、20歳のときにNAILEXPOを担当するイベント制作会社に就職。そこで【映像の制作】という仕事に携わっていたのですが、この6月末で退社。そして7月下旬にネイルスクールに入学!!!
昨年のNAILEXPOの時には、映像担当スタッフとしてEXPO会場でお仕事をしていたということ!イベント終了後に作られる記念DVD(右の写真)の制作を担当。
高校時代から自分でネイルを楽しんではいたという飯寄さんが、本格的にネイルの道を志そうと思ったきっかけとは。。。。ASIA NAIL FESTIVAL 2006 のDVD編集作業中に、コンペティションの映像を何度も何度も見ているうちにメラメラと以前抱いた夢が再び膨らみ出し、「あんなふうにフレンチスカルプチュアをやってみたい!」と強く思ったのだそうです。

いくつかのスクールを見学し、最終的に入学を決めたのは、NSJネイルアカデミー。「チャンピオンの方や、私の知っているネイリストさんがたくさんいたから」というのがNSJに決めた理由なのだとか。
会社を続けながらネイルの勉強をするというスタイルを選ばず、すっぱり会社をやめてスクールに入学したのは、仕事も忙しかったので両立は難しそうだし、ネイルに没頭したいと考えたからだそう。可愛い顔してなかなか潔い!社会人時代に貯めたお金を自分に投資しているのですから、気合いも違います。授業を最大限有効活用したいし、自宅での練習も頑張っているそうです。現在は週に2回スクールへ通い、週に4回はアルバイトという生活。もちろん練習は毎日!
まだ習いたてではあるけれど、検定・コンペ・・・果てはサロン経営まで視野にいれているそうで・・・笑顔の奥の闘志をしかと見ましたよ、私は。

まだそんなにたくさんは無い飯寄さんの“お道具”を見せてもらいました。
ボロボロのハンド君(笑)や、授業のときに書き留めるメモ。。。
ピンクのケースに入ったキューティクルニッパー(ちなみに、業界では有名!な最高峰ニッパー“ナカソネニッパー”)は、退職の際に会社のみなさんからプレゼントされたもの!!会社の皆さんから飯寄さんへのエールですね。えぇ話や。

そうそう、飯寄さんたらその退職した会社を終業時間後に訪れ、女性社員の方をモデルにして検定の練習をしているのです。既に仕上がりのレベルはなかなか♪ただ、まだ時間がかかり過ぎちゃうようです。
まずは検定2級突破を目指して、頑張れイーヨリちゃん!


イーヨリちゃんの奮闘ぶりは今後もお伝えしていきますね!
王冠2王冠2
いつかは叶えたい夢を温めているみなさん!その想いをクリックにぶつけて!

ネイル研*ぷち
イーヨリちゃんにはぷちにも登場してもらうわよ。

※次回予告:ネイル雑誌読み比べ!なーんていうのはどうかしら?
| ネイリストのタマゴちゃん | 16:07 | comments(6) | trackbacks(0)
愛ある校内コンペ。 
今日はアジア情報を一休みして、いつもの研究所スタイルで参りますおてんき

ネイリストを志し勉強を続けている人々にとってコンペティションというのは、自分の実力を試す、自分との戦いの場。コンペはイベントの時ばかりではなく、各ネイルスクールでも独自に行われているんです。
6月8日に渋谷のFORUM8で開催されたNSJネイルアカデミー
ネイルコンペティション
にワタクシ潜入して参りました!!
NSJにとっては12年ぶりの校内コンペ(第1回は'95年)。アカデミーには約500名が在籍していて、今回のコンペにエントリーされた生徒さんたちは述べ120名。競技内容は、プロフェッショナルベーシック部門・インストラクター養成部門でそれぞれケアとナチュラルスカルプチュア。フリー部門でイラスト・ミックスメディア、そしてアートチップ。
NSJはネイルスクールの中でも名門中の名門。そのわけは、今までに出た全日本ネイリスト選手権プロ部門グランドチャンピオン(国内最高の栄誉)22名中、18名がNSJ出身者であることからおわかりいただけると思います。現在活躍されているトップネイリストにもNSJ卒業生はいっぱい!そんなNSJ卒業生の有名ネイリストが審査員を務めていらっしゃっていたんです。
なんて豪華な校内コンペなんだ(笑)!校内のイベント(お祭?)なだけあって、審査員と競技者の距離がとっても近い。物理的にも、気持ち的にもねラブ ネイリストとしてはヒヨッコ鳥のスクール生と、誰もが知ってる有名ネイリストだけどスクールの先輩後輩ですものね。先輩方の暖かい眼差しに溢れたとってもアットホームなコンペティションだったのが本当に印象的でした。
みなさんが頑張ってるとき、控え室では実行部隊のNSJ講師のみなさんが表彰式のリハーサル中。トロフィーや副賞の代わりにペットボトルのお茶やお菓子を手渡して段取りの確認している姿はちょっと可愛いのですが(笑)、先生方の真剣な表情は“今日のステージを成功させて素晴らしいコンペにしたい!”という気持ちが表れていて感激してしまいました。じぃぃ〜んあせあせ

もちろん技術のレベルもかなりのもの。特にイラスト部門においてはかなりのクオリティだと仰っていた先生もいらっしゃいました。実際に指導をしている先生たちが審査や表彰をするので、表彰式では壇上で目頭を熱くしてしまう人もいましたね〜。“育てた人々の思い”が生徒さんにも伝わったことと思います。生徒・先生の心が通い合った愛のある素晴らしい校内コンペでした。
最後の、学院長仲宗根先生のお言葉もとても素敵でした。
「入賞出来なかった人、思い切り悔しがって下さい。悔しがることが明日につながります、悔しいから進歩があるのです。」「コンペで頑張り続けることの最終目標はお客様の喜びです。コンペのための頑張りはサロンワークにつながります。」

ネイリストが自分自身と戦うコンペは、サロンにお越しになるお客様に喜んでいただくためのもの。そのお考えにまたまた感激してしまった私です。。。ネイリストってステキな職業ですねハート

参加賞は参加者全員のために先生方が夜なべして(?)ラインストーンを貼り貼りしてくれたオリジナル筆立てでした。愛、感じますよねハートハートハート

1日1回!このバナーをクリックしていただくとランキングに反映しますかわいい
王冠2王冠2

ネイル研*ぷち
無料入場招待券UPは7月3日から!←明日だ!ラブ


NSJネイルアカデミーのスクール説明会に行ったときのレポートが
ネイル研究所。2006にありますのでよかったらおたちより下さいませ

ネイル研究所。2006「ネイルスクール説明会に潜入」
| ネイリストのタマゴちゃん | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0)
ネイルイベント情報

ネイル・オリン・ピック in 京都
(9月18日・京都市勧業館・みやこめっせ)

2007年秋期 第22回 JNAネイリスト技能検定試験
(10月13〜14日・各地)

東京ビューティーコングレス
(10月23日・東京ビッグサイト西3H)

インターナショナルネイルエキスポ2007
(11月26〜27日・東京ビッグサイト西3&4H)

クリスタルカップ2008
(2008年1月20日・TFTホール1000)

links
ネイル研・ぷち
NPO法人 日本ネイリスト協会
人気 blog Ranking
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackbacks
おすすめ

ネイル UP (アップ) ! 2007年 10月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 10月号 [雑誌] /


NAIL VENUS (ネイルヴィーナス) 2007年 09月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 08月号 [雑誌] /


ネイル UP (アップ) ! 2007年 07月号 [雑誌] /


NAIL VENUS (ネイルヴィーナス) 2007年 06月号 [雑誌] /


ネイル UP (アップ) ! 2007年 04月号 [雑誌] /


NAIL MAX (ネイル マックス) 2007年 06月号 [雑誌] /

mobile
qrcode
このブログについて
このブログは11月におこなわれる『INTERNATIONAL NAIL EXPO 2007』PR BLOGです。
profile

ご意見・ご感想・ご連絡はこちら